スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

恐慌が発生する原因とは?【ウィリアム・ギャンより】

(´・ω・`)恐慌の発生原因について『ウォール街株の選択』でウィリアム・ギャンが良いまとめを書いていたので掲載します。
以下、引用。
パニックの主要かつ最も重要な原因は高金利で、これは過剰貸し付けと過度の投機によるものだ。

1814年に起こったパニックの原因は輸出産業の不振と過剰貸し付けであった。
1818年のパニックもやはり金融環境が原因であった。
1825年と1826年のパニックは、イギリスの通貨の供給過剰、高い公定歩合、商品市況、とりわけ綿花の下落が原因であった。
1831年のパニックは、高金利、貸付の急増、事業の無理な拡大が原因だった。
1837年から1839年までのパニックは、過剰投機と金融引き締めによるものであった。
1848年のパニックの原因は、銀行数と流通紙幣の増加、商品、特に小麦、とうもろこし、綿花の下落であった。
1837年のパニックは未曾有のもので、流通紙幣の増加にあった。
1864年のパニックは南北戦争による金融引き締めによるパニックだった。
1869年のパニックは株価が極端に高くなったことで、当時の金利は1857年と1860年以来最高の水準にあった。
1873年は普仏戦争による過剰投機で金利は1857年以来最高の水準だった。
1884年のパニックは株への過剰投機によるもので、コールマネーの金利は1882年には30%、1883年には25%、1884年には18%に達していた。
1890年のパニックは過剰投機と高金利だった。1890年のコールマネーの金利は45%だった。
1893年のパニックも高金利によるものだった。1892年のコールレートが35%に上がっていた。
1896年のパニックはブライアン・シルバーの不安と金本位制混乱の恐れによるものだった。コールレートは125%だった。
1901年のパニックはノーザンパシフィック買占めに起因したものだった。
1907年のパニックは高金利、過剰投機、トラストの禁止、ルーズベルトの大統領権限の発動、鉄道会社に対する法律制定によるものであった。コールレートは125%だった。
1910~11年のパニックはシャーマン独占禁止法によって引き起こされた。
1914年は世界大戦によるものだった。しかし1912年から金利が高くなり、商品価格が低下していたので兆候はあった。
1917年は軍需ブームがもたらした過剰投機によるものだった。
1919年は戦争終結による投機で株価下落が起こった。
1920~1921年のパニックは貸付凍結と商品相場の下落だった。
1929年は1922年から続く強気相場の終結にあった。コールレートは20%に上がっていた。


(´・ω・`)以上、まとめでした。多くの場面で金利上昇が見られることがわかります。また次は商品価格の下落と株の過剰投機ですね。まあこれから起こる暴落の参考にはなるかと。


スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

株価の上昇を見極める方法

誰も知らないような銘柄を買った方が良いです
(´ーωー`)前回株価の上昇を見極める方法を書くと言いましたが、今回書く株価の上昇を見極める方法ってのは、あくまでも確率論で上がる可能性が高くなるという話です。絶対に上がるわけではありませんので注意。

それは上昇トレンドを見つけることです。上昇トレンドというのは、まず相場環境を見極めることであります。例えば不動産でしたら、マイナス金利発動直後に買うとか、円安関連株だったら利上げがありそうだとか、金融株なら0.0金利目標を日銀が発表したときだとかそういうときです。
こういう風に相場環境が変わるということで重要なのは、その政策に反応して業績が良くなることを狙って買うことではありません。ほとんどの場合、こういう政策に対する業績への影響は軽微であることが多かったりします。ではなぜ、相場環境の変化に注目するかと申しますと、それは今まで見向きもしなかった人たちが、こういったセクターの割安株に注目しだすからです。

(´・ω・`結局のところ割安株が放置されたままなのは、誰も気づかないからでありまして、誰かが気づきだせば適正値へ上昇しだすのであります。であるから、相場環境がそのセクターに対して上昇トレンドになれば、割安株の知名度が上がり、投資家が見つけてくれる確率が上がるのであります。
株というのは、情報と業績の関数で決まりますが、誰も気づかなければ上がりませんが、逆に誰かが気づく可能性さえ上げれば適正値へ上昇するのであります。
簡単ですね。相場環境の変化に敏であれということであります。


しかし、注意してもらいたいのは、これはあくまで確率論なので、必ず見つかるというわけではありません。当然ながら、短期的には下がったります。ただ、もちろんそこから元に戻るケースがほとんどなのですが。じゃあそこでだれにも見つからず下がったままだったらどうするかって、まああきらめて損切りでもするしかないですね。ホールドも手といえば手なんですが、そこは状況次第ではあります。割と決算で注目されて爆上げとかもあるので、本当に難しいところなのですが。決算あったのに少ししか上がらなかったりってのもありますから。まあホントそこはそれぞれです。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

誰も知らないような銘柄を買った方が良いです

(´・ω・`)誰でも知ってるような銘柄を買うより誰も知らないような銘柄を買う方が断然良いです。
なぜなら、誰でも知ってるような銘柄はもうみんなに注目されているため、何か新しい材料や業績の上昇がないと株価が上昇しません。また誰でも知ってるような銘柄はみんなが買いに走って必然高値になりがちであります。

(´^ω^`)逆に誰も知らないような銘柄は割安で放置されていますし、IRが出ても時間が経って反映されます。誰も話題にしなかったころのウェッジホールディングスなんか典型例でして、IRが出てもゆっくりとしか株価に反映されませんでした。

(´ーωー`)ただ、デメリットはあります。誰も知らなすぎて何時までたっても割安放置される可能性があることです。ファンダメンタル派はここら辺しょうがないと割り切ってる方も多いです。

ただ、何時上がるか?ってのは実はある程度予測可能です。もちろん2,3か月という長いスパンが必要ですが……まあその話は今回と関係ないので次回に回します。 にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

良決算でも材料出尽くしで下がる理由

(´ω`)よく、良決算でも材料出尽くしで下がったりすることを疑問におもう人がいますが、なんで?と聞かれれば答えは簡単で事前に上げすぎてたからです。上がってなければ下がりません。
逆に悪決算でも上がる理由は?って下がり過ぎてたから上がっただけです。

(´・ω・`)みなさん決算の効果をあんまり理解していないようなのですが、決算というのはおかしかった株価を是正する効果があるのです。

(´ーωー`)なんで?っておもうかもしれませんが、決算というのは、その適正値が投資家達に広く知れ渡るためです。つまり適正値の情報を企業から投資家に渡してるわけで、そこで初めて、投資家は自分の想定していた業績と現実の業績が一致するわけなのです。
これが株価というのは、短期的にはテクニカルに従うが、長期的にはファンダメンタルズに従うという理由の原因です。つまり、この決算で短期的なテクニカルの変動が、長期的なファンダメンタルズに投資家の脳内で修正され一致するわけです。
これが株価というのが、情報と業績の関数として表される原因を作りだす理由でもあります。

逆に為替等はこういった決算情報がないので、ファンダメンタルズの影響はかなり軽微で、テクニカルの変動が支配的です。ただ、ファンダメンタルズが為替に存在しないかというと、そういうわけではなく、FOMCの利上げ等がそれに当たります。為替というのは、各通貨の需要と供給の平衡点で決定づけられ、より具体的には(状況が限定されますが)流通する通貨量である程度決定されます。しかし、雇用統計のような指標は直接為替に影響するものではないため、決算情報よりかなり質の悪い情報だったりするわけでして、まあ為替はテクニカルで判断するのが妥当というのはそういう為替を決定づける情報が投資家に渡されないということから来ています。

(´・ω・`まあだから、適切な業績を知っていれば、決算ギャンブルも悪くないかもよ?って話です。私はリスク高いのでやりませんけども。 にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

買い増しの危険性

(´・ω・`最初の内は皆、株式投資で一銘柄に資金全力だとか、アホなことやってると思います。ただまあ慣れてくると、4,5個に投資する銘柄を分散したりだとか、試し玉や本玉等、入れる資金を分割する方法をとると思います。してない人は……まあ別にいいんですけどね。やり方は人それぞれですので

で、なんですが、資金を分割する際の注意点があります。それは買い増しはほどほどにした方がいいということです。
なぜかというと買い増しをしすぎると、利益がプラスどころかマイナスになるケースがあるからです。

例えばアキュセラを例にとってみましょう
新しいビットマップ イメージ

(´・ω・`)例えばこの銘柄で株価1000円の内に資金を全力していたとします。すると、暴落時であっても損失は0です。株価1000円で半分、2000円、3000円等の点で半分の資金をいれたとしたら? 暴落の時点で損失が出てしまいます。

(´・ω・`)大底で大体の資金を投入していれば、基本的にはマイナスにはならないということなのです。まあアキュセラは極端なケースですが、買い増しは株価が増えていけば資産が増えますが、株価が減っていくと資産は減っていくのであり、あまりホイホイとやるものではなく、ここぞという時以外は入れないのが良いです。

相場の格言には『利乗せは最後にやられる』というものがありますが、これは買い増ししていくと最終的に暴落にあった場合マイナスになることを示しています。ですので、大底で7割~8割の資金を投入して買い増しは残りの2、3割でやるという方針にした方がいいと思います。特に信用買いは非常に慎重に行いましょう。
(´・ω・`)まあ自分は安全重視ですので、この方針でやっており、あまり買い増しはしていません。。昔痛い目にあった経験があるので


にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI
プロフィール

弓原宗介

Author:弓原宗介
(´・ω・`)株と作成しているゲームアプリについての話題をとりとめもなく掲載しております。
連絡先:メール muhoo01a@gmail.com

ブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。