スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

株式市場が利上げ懐疑になっている今がチャンスと見るべき

a0.jpg


(´・ω・`雇用統計の結果を受けて、為替は円安、ダウは上昇しています。
つまり、為替は利上げ派、株式市場は現状維持派になっています。

(´ω`)またアメリカ国内の専門家でも意見が分かれています。
グロース氏:9月の利上げはほぼ確実-PIMCOは前のめりに警鐘

(´・ω・`)ブログや記事を散見するに、日本人はどちらかというと現状維持派が圧倒的に多いです。利上げ派は少数です。まあ日本人がどう思ってようとどうでもいいですが、所詮遠い海の彼方の国のことなんて解っている人物は少ないですから。

【ドル円週間見通し】9月の米利上げ期待低下の可能性も

(´・ω・`)個人的には前々からブログで取り上げてるようにFOMC関係者は9月利上げを強力に推してます。
【LONG】雇用統計、私は円安に賭けます【BET】

(´・ω・`)ですので、彼らの話をまじめに聞けば9月利上げは当然に行われます。雇用統計15万人も想定内です。じゃあなんで株式市場関係者は現状維持派がかなり多くなっているかと考えると、答えは簡単でダウが最高値を更新していることから、ポジションをたくさん持っているからです。要は今の状態で利上げとか簡便してくれよというバイアスがあるわけです。しかも散々延期したことから、自分達が騒げば、利上げはなくなるでしょという希望的観測に近い思いこみが、市場関係者にあるように思います。

(´・ω・`でもFOMCの立場になって考えてください。確かに市場は嫌だと言ってるが、いつになったらそいつらは利上げが良いというのか。 12月になったら市場が利上げが良いという保証は?  そんなものない。いや、それどころかダウが最高値を更新していけば、この傾向はもっと強まる可能性が高い。そもそも当初はもっと利上げするという話だったのに、伸びに伸びて結局2回という事態に陥ってるという事実があるわけです。景気は全然悪くないのに。これじゃあいつまで経っても利上げできないじゃないかって。

(´ω`)つまり株式市場の関係者は自分の利益で頭フットーして前が見えなくなってるんですよ。逆に為替の関係者はポジション持ってないから冷静で、FOMCの意を素直に汲んでいるだけ。
ここで利上げとなれば、市場は織り込まれていないのですさまじい円安になります。利益率は桁違いでしょう。また現状維持だとしても暴落はないです。株式市場は現状維持派ですから。

(`・ω・´)大衆の逆を行けば、それだけ利益になると思います。だからこそ、今は円安一点張りです。

a3_201609041615498af.jpg


ターナーの短期売買革命 新株式市場を攻略する全テクニック
関連記事
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弓原宗介

Author:弓原宗介
(´・ω・`)株と作成しているゲームアプリについての話題をとりとめもなく掲載しております。
連絡先:メール muhoo01a@gmail.com

ブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。