タイ市場での外国人の影響と購入戦略

(´・ω・`タイ市場では外国人の影響力はあまり大きくありません。
日経市場の外国人株式の保有率は70%程度ですが、タイでは22%程度しかありません。
売買高比率

(´・ω・`)そのため、我々日本人の感覚でタイ市場を取引すると大体動きを読むことは難しいです。9月に起きた利上げ懸念の時期では意味不明な下げだったので外国人は買いに入っていましたし、10月のプミポン国王崩御の際の下落も外国人は最初の方は理解できていませんでした。また今回の利上げでもタイ市場は下落していませんが、外国人は徹底して売りの姿勢を強めております。
つまり外国人は現在タイ市場でめちゃめちゃ損してるわけであります。

結局タイ市場で儲けるにはタイ人の感覚をみにつけることが重要なわけです。日本市場やアメリカ市場の感覚でタイをやってはいけない。郷に入っては郷に従えということです。

(´・ω・`じゃあタイ市場の動きの基本はといいますと、まあ3か月程度しかやってない感想ですが、いったん一方方向に相場が向くと止まらないという感じです。タイ人はよくも悪くも単純なので、日本人みたいに上がったらやたら売りまくったりみたいな変則的な取引はしません。基本的にデイトレもありません。値動きがほとんどありませんので。結局トレンドフォローしかないかなということです。そして業績が良ければ素直に反応してくれます。つまりガチホしても日本みたいに下落してまんま戻ってこないということは非常に少ないといえます。

(´ω`)これから導き出されることは、高値圏にいるときは低い割合でガチホして、安値圏に至り、軌道が上昇し始めたら割合を一気に増やすという方法がタイ市場で一番いいと思います。

(´・ω・`というわけでTKNを再度買いました。資金の1割程度ですが、ここで様子をみたいと思います。
関連記事
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

株×ブログ!銘柄NAVI

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弓原宗介

Author:弓原宗介
(´・ω・`)株と作成しているゲームアプリについての話題をとりとめもなく掲載しております。
連絡先:メール muhoo01a@gmail.com

ブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示